キッズデュオインターナショナル幼児園の入園考査に行ってきた(1)服装・当日の流れなど

幼稚園

キッズデュオインターナショナル

キッズデュオインターナショナル(Kids Duo International、通称KDI)幼児園の入園考査を受験してきました!当日の面接の内容、受験者の服装、親子の分離ってどんな感じか、集団考査の内容、かかった時間などをまとめました。バイリンガル幼稚園ということで、お受験とは少し違う入園考査にドキドキでした~!

スポンサーリンク

KDI入園考査~当日の流れ~

まずはざっくり当日の流れをご紹介します。

(1) 開始10前までに受付
(2) 教室で待機
(3) 両親への面接(10分程度)
(4) 集団考査(15分程度)

当日はこのような順番で入園考査が行われました。待つ時間などを入れても、全体でかかる時間は30分程度です。子供の機嫌が悪くないタイミングなら、なんとかがんばれる時間です。うちの子も機嫌を崩すことなく終えることができました。

 

KDI入園考査~服装~

両親の服装

「面接を意識した服装を!」

暑い日でしたが、主人はスーツにネクタイで行きました。他の受験者の父親もスーツにネクタイでしたので、ちゃんとしていって良かったなと思いました。私が見た中で1人だけ、スーツだけどノーネクタイの方がいました。その方は、まわりをみて首元を少し気にされていた様子でした。気になる方は、ネクタイをしていったほうが無難でしょうね。

母親の服装はいろいろでしたが、基本的には白や黒などシンプルな色合いの服装でした。私は黒のスーツ(ジャケット着用)、中に白のトップスで行きました。他の方は、

・喪服のようなブラックフォーマル
・上が白のトップスで黒のタイトスカート(ノージャケット)

というスタイルの方がほとんどでした。もちろん、ストッキングは必須です。

ちなみに、KDIの先生や運営の方々は制服かスーツにネクタイだったので、ちゃんとした格好をして浮いてしまうということはありません。ただ、時期的に暑い日もありますし、世間的にはクールビズ期間でもありますから、ある程度のカジュアルさは許容かな?とも思いました。

「男性はスーツにネクタイ。女性はスーツかワンピース。がいいかも」

上履き・スリッパ

当日は園内で考査が行われるため、上履きを持参するように連絡があります。大人はスリッパなどでもOKです。うちも来客用のスリッパを持っていきました。人によっては、お受験用の黒い大人用の携帯スリッパの方もいましたが、面接のときは足元見えませんし、集団考査のときも気にしてる様子はありませんでした。ただ、ホテルや飛行機内のアメニティのような、安っぽい白いスリッパの人はちょっと目立ってました。

スポンサーリンク

子供の服装

「お受験を意識した服装がよいのか?」

男の子は、白いシャツやポロシャツの子が多かったです。基本、襟つきって感じですかね。ズボンも黒とか紺で、フォーマルっぽくしてる子が多かったです。

女の子は、白や黒の落ち着いた色のワンピースの子が多かったです。

ただ、これも人それぞれって感じで、ちょっとおしゃれめなTシャツの子もいました。(例えば、蝶ネクタイがデザインされたTシャツなど)なんとなく、子供の服装はそこまで気にしなくてもいいような気がしました。

なお、子供の上履きですが、人によって様々でした。白い靴下に白い上履きをはかせている人。普通のガラものの靴下を履かせている人。スリッパのようなサンダルのような靴を上靴代わりにしている人。上履きはナシで靴下のみの人。

上靴を履いている人は、全体の半分くらいのように感じましたので、靴下のみでも大丈夫かと思います。ただ、裸足の子はいませんでした。教室の床が冷たいせいもあるかもしれません。

持っていく鞄

持参していく鞄は、あまり気にしなくてもいいのかなと思いました。完璧にキメてる人は、父親がビジネスバッグ、母親がフォーマルバッグ、さらに子供用の大きめバッグを持っていました。子供用バッグは普通のカジュアルなデザインのものです。でも、この人たちはさすがに荷物が多い気がしましたね。教室移動も大変そうだったし。必要最低限のものを、ひとつのカバンにまとめていけばいいと思います。あまりカジュアルすぎなければ、どんな鞄でも大丈夫でしょう。

 

KDI入園考査~受付から面接までの待ち時間~

まず到着して驚いたのは、ずらっと待機している先生方です。「こちらは準備万端ですよ~」って感じ満々でしたね。

受付は、入り口すぐのところで行います。名前を伝え、番号札と子供に着せるゼッケンを貰いました。のちのち集団考査で着用するそうです。

受付を済ませた後、持参した上履き(スリッパ)に履き替え、教室へ案内されました。そこには、私たち以外にも4組の親子がいました。同じ時間帯で、大体5組ずつ考査をしていく感じなんでしょうね。

待っている間の教室には先生やスタッフなどはいないので、緊張する気持ちを少し落ち着かせることができました。このとき、子供の緊張を解いておくのも忘れてはいけません。教室の机や椅子がでているので、そこに座ってお絵かきをしたり、お歌を歌ったりする親子がいました。うちは、たくさんおしゃべりしたり、教室を見てまわったりして過ごしました。

その後、時間になると1組ずつ名前を呼ばれ、面接の部屋へと移動していきます。

 

KDI入園考査~面接・集団考査の内容~

キッズデュオインターナショナル

長くなってしまったので、次のページに続きます。
面接のやり方や面接での質問内容など記憶の限り書き出しました。
⇒「キッズデュオインターナショナル幼児園の入園考査に行ってきた(2)面接について」に続く

スポンサーリンク