世田谷公園プールは幼児におすすめ♡混雑レポ&気を付けたい注意点

公園・遊び場

世田谷公園プール 幼児

世田谷公園プールに3歳児と遊びに行ってきました~!
息子はとにかく大はしゃぎ♪幼児におすすめのプールです♡

ということで、東京都世田谷区にある「世田谷公園プール」をブログでご紹介します。
子供と遊んできた感想、公式HPには書かれていない注意点、駐車場の混雑などまとめました!

幼児のプールデビューにもおすすめの場所ですよ~!

スポンサーリンク

世田谷公園プール いつから遊べる?

世田谷公園プール

(画像引用:世田谷区公式HP

世田谷公園プールは、世田谷区営のプールで毎年7月1日~9月10日の夏季限定で開放しています。(お盆明けの月曜日はお休みみたいです)

2018年にリニューアルしたばかりなので、施設内はとっても綺麗!
更衣室やトレイなども清潔感があって、ちゃんと清掃されているのも嬉しい♡

8月までは、朝9時という早い時間から利用できるのも助かります!

その他の特徴を簡単にまとめるとこんな感じです↓

 
☑幼児無料!付き添いの大人もたった50円と格安!

☑オープン10分前には行列ができている

☑2時間の入れ替え制で、混雑しすぎない!

☑おむつが取れてないとダメ

☑細かい浮き輪ルールがあるので注意

なお、プール内は撮影NGだったので、プールの写真は撮れないのが残念~(´・ω・`)

屋内プールはなく、すべて屋外のプールになります。

世田谷公園プールの深さ

プールは主に2種類で、1.2mの深さがある「大プール」と、幼児向けの「小プール」です。噴水ゾーンもあります。
世田谷公園プール

我が家のお目当ての幼児向けプールも、「小プール」とはいえそこそこ広さがあります。
深さが0.3mと0.5mの2つに区切られていて、これがかなり絶妙な深さ!

3歳の息子は0.5mの深さがお気に入りで、足もつくし、水にもしっかり浸かれるのでかなり楽しんでいました♪

値段が安い!幼児無料&大人もたった50円!

世田谷公園プール 値段

まず驚くのが料金の安さ!幼児(小学生未満)は無料で利用できちゃいます。
さらに、幼児の付き添いなら、大人もたった50円で入れちゃうんです。安い~♪

なお、幼児の付き添いは大人2人まで50円でOKです♡

【世田谷公園プール 値段】
・幼児…無料
・幼児の付き添い者…50円
・小学生・中学生…100円
・高校生以上…390円
・障害のある小・中学生…無料
・65歳以上、障害のある方…100円
・障害のある方の介護者…無料

混雑レポ!オープン5分前には到着を!

世田谷公園プール 混雑

びっくりしたのが、オープン前の行列…(;・∀・)

我が家が到着したのは、8:50くらいで、プールの営業時間の10分前だったんですが、すでに人が並び始めていました。

5分前にはしっかりとした行列に!

世田谷公園プール 混雑

並ばないと入場できないというわけではありませんが…

オープン直後の更衣室は混んでしまうので、オープン10分前~5分前くらいに並んでおけると良いと思います。

ちなみに、9時の回だけじゃなく、他の回も行列ができるそうです。11:30の回はもっと並ぶそうですよ~。

なお、チケットは先に買ってから並びます!
券売機が入り口のところにあるので、並ぶ前に購入しておきましょう。

夏休みも土日も混雑がほどほどだから安心!

世田谷公園プールは2時間単位の入れ替え制になっています。

これが、混雑緩和に一役買っている♪

我が家は、8月の土曜日と日曜日の9時~11時の回に行ったことがありますが、適度な混み具合でした。

ちなみに、前の週に行った目黒区民プールは混雑がすごくて…幼児をゆっくり遊ばせられる感じじゃなかったんですよね。

その点、世田谷公園プールなら、そこそこ自由に遊ばせてあげられました♪

(とはいえ、ガラガラに空いてるってワケでもないですけどね)

赤ちゃんのおむつ以外にも持ち物のルールが多い

世田谷公園プール おむつ

オムツが取れていない乳幼児は入ることができないんですが、他にもいろいろと持ち物に関するルールがあるので、事前に公式HPをチェックしていくことをおすすめします。

★世田谷公園公式HPはこちら★

例えば、ピアスやネックレスNGとか。
プールサイドへのスマホ持ち込みNGとか。
タトゥーや入れ墨は隠れていればOK。
付き添いでも水着じゃないとダメとか。

水泳帽などの帽子は必須ではありません。
ただ、日差しが強いので、帽子をかぶっている子供もいます。

また、公式HPに載っていない注意事項も多くて、行ってみて分かった内容をメモしておきますね( ..)φ

公式HPに載っていない注意事項&浮き輪ルール

・50分ごとに10分間の休憩があります。

・プールサイドでの飲食NG。ただし水分補給はOK。休憩時間に、プールサイドでお菓子やお弁当を食べることはできません。

・メガネ、サングラスNGとありますが、落下防止のヒモをつけていればOK。なければ、当日監視員さんが快く貸してくれます。

スポンサーリンク

・赤ちゃん向けのお尻部分がある浮き輪(足だけを通す浮き輪)はNG。

・それ以外の浮き輪は基本的になんでもOK。サイズが大きいもの、ビーチボール、腕につけるタイプ、ジャケット型、エアマット(ベッドみたいに寝転がるタイプ)、ビニール製で空気をいれるおもちゃなど。
世田谷公園プール 浮き輪

・ビートバンもOK。

・プラスチック製のおもちゃは危ないのでNG。水鉄砲やじょうろ、水に浮かべて遊ぶおもちゃなどもNG。

・浮き輪のお尻乗りNG。ひっくり返ると危ないため。大人でも監視員さんに注意されます。
世田谷公園プール 浮き輪

・浮き輪の二重使用NG。浮き輪は1人1個まで。例えば、腕につけるタイプの浮き輪をしながら、丸い浮き輪にはいるのもダメみたいで、子供が注意されていました。

これから行く人へのアドバイス

・更衣室のコインロッカーは10円必須!
世田谷公園プール ロッカー

更衣室には、コイン返却式のロッカーがあるんですが、なんと「10円式」なんです。プール施設では両替を受け付けていないため、必ず家から10円玉をもっていってください。(最悪、近くの売店か自販機でお釣りをもらう感じかな)

・水着に着替えてから行くとスムーズ!

オープンしてすぐの更衣室はかなり混みます。そんなに広い更衣室ではありませんので、ぎゅうぎゅうと狭い感じです。

行列で並んでいた人たちが一度に押し寄せるので、かなり狭いです。

なので、プールには水着を着ていくのがいいですよ~!息子はバッチリ着替えてからプールに向かいます↓
世田谷公園プール 水着

実際、子どもも大人も水着姿で来ている人が多かったです。私も上下水着(ラッシュガード着用)でいきましたが、全然浮いてなかったです(*´▽`*)

・10分の休憩では、噴水エリアで遊ぶべし

世田谷公園プールには、大プール・小プールの他に、噴水スペースがあります。こういうタイプの床からお水が飛び出してくるやつ↓(画像はイメージです)
世田谷公園プール

10分休憩の時間も、噴水では遊べるので、元気な幼児を連れていた我が家には助かりました~。
ただし、噴水エリアの床は熱くなっていることもあるので火傷に気を付けてください。

世田谷公園プールの駐車場の混雑

世田谷公園プール 駐車場

世田谷公園には駐車場がありますが、なかなかに狭く、台数が限られています。(調べたら、32台分しかないそうです)

我が家は8:50頃に到着しましたが、その時間で半分くらいは埋まっていました。

しかし、10:30頃帰宅するときはもちろん満車でした。
世田谷公園プール 駐車場

世田谷公園プール 駐車場

ちなみに、世田谷公園の駐車場は30分/100円とこれまた安い。

満車のときには、道路に停車して空くのを待つこともできるみたいです。ただ、回転は悪そうでした。

車で行く方は、時間に余裕をもって行くか、満車のことも考えて周辺のコインパーキングもチェックしておくといいかもしれません。

プールに遊びに来ている人は、自転車で来てる人が多かったですね。プールの目の前に自転車を停められるスペースがあるのですが、めちゃくちゃ多かったですw

我が家の楽しみ方

我が家はすでに世田谷公園プールのヘビーユーザーなのですが、こんな感じで遊んでるよってのをご紹介したいと思います。

まず、朝はオープン10分前の8:50には到着。3歳児は元気いっぱい(;´Д`)

先に券売機でチケットを買って、列に並びます。

なお、先にも書いたように、家から水着に着替えて行きます。浮き輪は膨らませてからいくと時間短縮になりますが、かさばるのでその場で膨らませることもあります。自動の空気入れが、券売機の横に設置されてます。

オープンしたら、更衣室のロッカーにサクッと荷物を入れて、プールへ直行!

あとは、入れ替え時間までたっぷり遊びます~♪
3歳児は、子供用の浮き輪を片手に、小プールではしゃぎまくってます。

小プールには、きのこ型の噴水というか、滝みたいなのがあって、そこに浮き輪を当てて遊んだりしてます。(水の勢いがあるので、自分自身は怖くて近づけないんですw)

途中の10分休憩で、息子は「お腹減った~」と言うのが毎度のことなので、家から持参したお菓子やおにぎりをプール施設から一度出てモグモグします。

そして、こまめに水分補給。

小プールは日陰になっている部分があるせいか、少し水温が低く冷たいです。

体が冷えてきたときには、大プールへ移動!
台で深さを上げてくれているスペースがあるので、そちらで遊んだりもします。

子供が疲れてきたら帰路に。時間いっぱいいると、帰りの更衣室が混雑しそうなので、それを避けるために少し早めにあがります。

こんな感じで、混雑もちょうどいいし、綺麗だし、かなり快適に遊ばせてもらってます♪

以前、目黒区のプールにも行ったのですが、あちらは幼児向けプールが浅すぎて、息子もあまり楽しくなさそうだったんですよね。混雑もすごくて、イマイチでした。

それに比べて、世田谷公園プールでは「めっちゃ楽しいやん!」と言わんばかりにはしゃぎまくり、キャッキャと1人で遊んでいます。

安く快適に子連れプールしたい方におすすめのスポットです(´艸`*)

▼他にも、夏場の水遊びにおすすめのスポットをブログで紹介しています

>>池尻大橋周辺のじゃぶじゃぶ池&水遊びができる公園まとめました

>>二子玉川公園の水遊び場をご紹介!幼児にぴったりの公園【画像あり】

>>目黒区のじゃぶじゃぶ池&水遊び場がある公園まとめ

スポンサーリンク