子供の指の皮がむけるので病院に行ってきた!原因と診断結果

2018年9月13日子供の病気

子供 皮がむける 病院

子供の指の皮がむけるという症状が1週間以上続いたため、病院へ行ってきました。まだ幼児の息子ですが「痛くないかゆくない」と言うので受診するか迷ったんですが、これ以上悪化するのも心配で…。

息子の手の平や足の裏の皮膚についての診断結果や、手足の皮が剥けている原因、先生が教えてくれたことなど書き留めておきます。

▼受診前の子供の指の皮がむける経過についてはこちらをどうぞ↓
→【画像あり】子供の指の皮がむけるのは病気?病院へは行くべき?

スポンサーリンク

子供の指の皮がむけるので病院に行ってきた

指の皮がむけただけで、小児科や皮膚科などの病院に行くべきなの?痛くない・かゆくない・皮膚の荒れ方もひどくない。そんな状態ではあったものの、とにかく皮がボロボロむける状態がずっと続いていたので、とりあえず診てもらおう!と小児科へ行ってきました。

皮膚科じゃなく小児科へ行ってきたのは、単純にかかりつけ医だったことと、これまで皮膚科にお世話になったことがなくどこを受診すべきか分からなかったからです。

 

子供の指の皮がむける原因を教えてもらった

問診でお伝えしたことは、
・皮が剥けはじめてから1週間以上たっている
・発熱はない
・痛がったりはしない
・かゆがったりはしない
・最近、溶連菌とかの感染症にかかったか?⇒かかってない

このようなことをお伝えしたうえで、下記の写真のような手足の状態をお見せしました。
子供 皮がむける 病院

子供 皮がむける 病院

我が家のかかりつけ小児科の先生は、アレルギー科もやってくれている先生だったので、もしなんかのアレルギー症状だったら調べてくれるだろうな、とも思っていました。

その結果、先生からの診断は「大丈夫。」とのことでした。

具体的には、

・発熱があるなら、何かの病気の前兆という可能性もあるかもしれないが、ただ皮がむけているだけなら大丈夫
子供の代謝は早いので、皮膚がむけるのもそのひとつと思えばよい
・(サンダルを裸足で履かせているのを見て)こうゆう化学物質との摩擦とか、汗とかで皮がむけやすくなることもあるしね
・原因ははっきり分からないけれど、これくらいの年齢の子(幼児)ならよくあることだから、心配しなくて大丈夫
・赤くなって炎症を起こしたりもしていないし、おうちで様子を見てあげて

とおっしゃっていました。

スポンサーリンク

子供の指の皮むけは溶連菌が原因のことも

もうひとつ、先生に教えていただいたのが、子供の皮むけと溶連菌感染症との関係。

溶連菌感染症は、高熱を伴ってのどが痛くなる病気で、幼児がよくなることでも有名ですよね。息子はまだ感染したことがありませんが、保育園で感染した子が出たというのをよく聞きます。

で、この溶連菌にかかった後の症状として、手のひらや足の裏の皮膚がはがれる、というものがあるそうです。特に、発疹がひどく出てしまうと、この皮むけもひどくなる傾向があるそう。

要は、発疹やぶつぶつの後は、皮膚の代謝がおこって皮がむけるってことなのかな?

そういえば、うちの息子も手足の指の皮がむけはじめる少し前に、ちょっと湿疹みたいなものができてたかも…。最初は手足口病かと思ったんですが、熱もないし、湿疹も少しだったので様子をみているうちに治ってしまったんです。あれの後症状的な感じなのかもな、と思いました。

何はともあれ、大事ではなさそうで良かったです!原因はハッキリしませんが、幼児の指がむけることはよくあることと言っていただけたのも安心しました。

 

病院で処方された薬と治療方法

今回、特に皮膚が赤くなって炎症したり化膿しているわけでもないから、とお薬は処方されませんでした。もし皮膚への治療が必要な場合は、ステロイド薬が処方されるケースもあるみたいです。

とはいえ、皮がめくれている部分は、皮膚が弱くなっているし、もともと幼児の皮膚は弱いため保護してあげたほうが良いそうで、保湿剤でのケアを勧められました。

ヒルドイド軟膏の処方をたずねられましたが、以前、別の湿疹で処方してもらったヒルドイド軟膏があまっているので、現在はそれを使っています。(画像の下のピンクのやつ)
子供 指 皮 むける 保湿

できればこまめに塗るのが良いそうですが、うちは保育園に行っている日もあるので、朝とお風呂上りに保湿剤を塗ってあげています。少しは皮むけがマシになってきたかも。

ちなみに、今回の息子のような症状は「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」という病気とも似ている様子。(病院では、病名まで断定されてはいませんが)

せっかくなので、「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」についてもう少し詳しく調べてみました。子供の汗疱状湿疹とは?原因と症状、治療方法や予防法という記事にまとめています。子供のことだし、しっかり理解しておきたいなって思います。同じ症状の子供を持つママパパもぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク