1歳児におすすめの市販ふりかけ5選!無添加や塩分少なめなのは?

2019年3月11日離乳食・幼児食

1歳 ふりかけ

赤ちゃんの離乳食後期から幼児食にかけては、だんだんと普通のご飯へと移行していきますよね。
でも、食べムラがまだまだ続く1歳は、思ったように白米を食べてくれないもの。

やっぱり味が無いのが嫌なのかな?
そう思って、ふりかけご飯を利用するママも多いはず。

でも、少しずつ味を覚えてきた1歳児は、ベビーフード用のふりかけでは満足してくれないことも。
値段も少し割高なので、もう少し安く買える市販のキャラクターふりかけではダメなんだろうか?

そんな悩みを抱えるママってきっと多いと思うんです。
そこで、私の息子が1歳から愛用している市販のふりかけをご紹介します!安心して食べさせられて、コスパが良いものばかりですよ♪

スポンサーリンク

市販のふりかけはいつからOK?選び方のポイント

おすすめの市販ふりかけをご紹介する前に・・・
そもそも、市販のふりかけとベビーフードのふりかけの違いって何があるんだろう?と思って確認してみました。

【ベビーフードと市販のふりかけの違い】

・塩分が多い
・添加物が入っている

主にこの2点が、幼い子供に与えて良いふりかけと、あまり好ましくないふりかけの違いのようです。

赤ちゃんのころから「薄味」を基本に食べているので、1歳くらいだとまだまだ濃い味は気を付ける必要があります。塩分が多いと、子どもの内臓にも負担がかかる可能性もありますしね。

我が家に常備している「幼児食」の本を読んでみても、ふりかけについては一切記載がありませんでした。ただ、味の濃い料理については、1歳が△で、2歳が○となっていました。1歳は、あくまで少量を…とのこと。

また、添加物の多い食べ物については、1歳~3歳までが△表示。与えてはいけないわけではないが、添加物は体によくないので少量を、とのこと。

じゃあ、

・スーパーで買える市販品で
・添加物が入っていなくて
・できれば値段が安い

そんなふりかけってないの?と調べまくった結果、安全安心でおすすめできる5つの市販品ふりかけを発見したのでご紹介しますね♪

 

1歳児におすすめの市販ふりかけ5選

ベビーザらス限定 無添加ふりかけ

1歳 ふりかけ

ベビーザらス限定で販売されている商品で、その名の通り「ザ・無添加」のふりかけ。

化学調味料、保存料、香料が不使用になっていて、原材料もシンプル

1歳からOKと書かれていますが、大人でも満足できるような素材のうま味をひきだした味に仕上がっています。
味は、おかか、たまご、さけ、やさいの4種類。

【税込み398円/70.4g/32袋】

⇒【公式サイト】ベビーザらス限定「無添加ふりかけ」の商品詳細はこちらicon
⇒【トイザらス 楽天市場店】ベビーザらス限定 素材の旨味仕立て 無添加ふりかけ はこちら

 

田中食品 無添加ふりかけ「しぜんのおいしさでつくりました」

1歳 ふりかけ

田中食品から発売されている無添加ふりかけ。
田中食品といえばふりかけの老舗メーカーで、給食用のふりかけなども取り扱っています。

20袋入りなのですが、味が、梅かつお・たまご・のり・小魚・鰹と5種類も入っているので子供が飽きません。あと、味もちゃんと美味しい。

普通のスーパーにはあんまり置いてないかもしれないけど、値段も安くて味も良いのでコスパは抜群だと思います。

【税込み270円/40g/20袋】

⇒【楽天市場】田中食品 無添加ふりかけ 20袋入(40g) はこちら

 

永谷園 A-Label(エー・ラベル)シリーズ

1歳 ふりかけ

永谷園が発売している食物アレルギーに配慮したふりかけ「エーラベル」は、香料・着色料・化学調味料も一切使っていません。

子供のアレルギーの中でも比較的多い「卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆・ごま」が不使用なので、ふりかけとしてはなかなか貴重な商品。

ミニパックではありませんが、その分、量を調節してご飯にかけやすくなってます。(業務用なら小袋タイプもあります)
味は「おかか」と「鮭」の2種類です。

【税込み216円/30g】

⇒【楽天市場】永谷園A-Labelおかかふりかけ はこちら

スポンサーリンク

丸美屋 チップinふりかけ

1歳 ふりかけ

息子が、ふりかけに入っているキャラクターかまぼこが大好きで、そんな時に見つけたのがこちらのふりかけ。

丸美屋から発売されているふりかけなのですが、かわいらしいチップが入っています。カルシウムも入っているのも良い点。

ただ、無添加のふりかけではないので、与えるときは少量で。

味は小魚味(おさかなのチップ)、野菜味(にんじんのチップ)、さけ味(星のチップ)の3種類と、梅ごま塩(お花のチップ)があります。

【税込み118円/24g】

⇒チップinふりかけ 野菜味 24g【丸美屋】

 

バンダイ キャラフル

1歳 ふりかけ

え、あのおもちゃメーカーのバンダイ?と二度見してしまったのですが、2歳の息子が普通のふりかけよりも気に入っている商品!

キャラクターのチップのみが入った斬新なもので、
2018年10月1日に発売され始めたばかりの新商品です。
そのため、まだまだ知ってる人が少ないんですよ。

原材料はおさかなのすり身で、カルシウム入り。がっつり色がついていますが、天然の着色料のみを使っていて合成着色料は一切なし!(信じられない!)

種類は、ミッキーマウス、リラックマ、ハローキティの3種類。

味がほぼ無いため、ふりかけの最大のデメリット「濃い味」をクリアしてるんです♡

さらにキャラフルのすごいところは、ふりかけじゃないから白米以外にもトッピングできるところ!
我が家では、白いご飯に3枚ほどのせてあげると、喜んでご飯を食べてくれます♪シチューとカレーも食べてくれました♪

一度にたくさん使い過ぎると高くつきますが、ちょっとずつならコスパも悪くないと思ってます。

【税込み130円/2.8g/約30枚入り】

楽天市場やamazonなど大手通販サイトでの取り扱いがなく、現在の所cotta(コッタ)という通販サイトのみで取り扱いがありました。⇒各通販サイトで取り扱い開始しました!(2019/3/11追記)
その他、全国のスーパーのふりかけコーナーで販売しているそうなので、品ぞろえの良いスーパーなら置いてある可能性があります。

⇒【楽天市場】キャラフル ミッキーマウス(2.8g)
⇒【楽天市場】キャラフル ハローキティ(2.8g)
⇒【楽天市場】キャラフル リラックマ 2.8g

 

1歳児におすすめ市販ふりかけまとめ

離乳食の赤ちゃん向けのふりかけ以外にも、幼児から食べてもよさそうなふりかけって探せばあるものですねー♪

今回ご紹介した、

・ベビーザらス限定 無添加ふりかけ
・田中食品 無添加ふりかけ
・永谷園 A-Label(エー・ラベル)シリーズ
・丸美屋 チップinふりかけ
・バンダイ キャラフル

は、1歳からの幼児向けふりかけとしておすすめできる商品です。

我が家は少しずつ試し買いしてみて、結果的に今はキャラフルに落ち着いています。むしろ、キャラフル全種類をつねに常備しているほどのファンです。笑

3歳を過ぎてきたら、アンパンマンふりかけとか、おむすび山とかも使っていこうかな~と考え中。
あとは、無添加にこだわるならたらことかちりめんじゃことかも良さそうですよね(ちょっと高いけど)。

1歳児へふりかけを与えることについては、賛否両論あると思います。そりゃ、食べなくて済むならそのほうが良いはずです。でも、それよりもまずは「子供にご飯を食べてもらう」ほうが優先事項だなって感じています。

子どもの食べムラがひどい、好き嫌いがある、などの理由で、なかなか思うようにご飯を食べてくれないときは、ふりかけに頼るのも全然アリだと思いますよ♪

こちらの記事も合わせてどうぞ♪


スポンサーリンク