目黒雅叙園で百段雛まつり2018開催!見所や所要時間や割引チケット情報まとめました♪

2018年5月28日地元のイベント情報

目黒雅叙園 百段階段 雛まつり
目黒雅叙園(現:ホテル雅叙園東京)の百段雛まつりが今年も開催されます!東京のど真ん中で、荘厳な雛人形たちを拝める貴重なイベントです。
 
今日は、百段階段で行われる雛人形の展示の見所や、実際の所要時間や混雑具合、割引料金で行くお得な方法などをご紹介しちゃいます。地元民のお出かけにも、東京観光にもおすすめなイベントですよ♪

⇒現在開催中のイベント「和キルト×百段階段2018」についてはこちら

スポンサーリンク

 

ホテル雅叙園東京の百段雛まつりってどんなイベント?

雅叙園 百段雛まつり
ホテル雅叙園東京(旧:目黒雅叙園)にある「百段階段」にて、今年も雛祭りイベントが開催されますよ~(*´▽`*)
 
私も何度か百段階段を見学したことがありますが、
 
 
めっちゃ綺麗!(*”ω”*)
 
 
息をのむってこういうことか!っていう感じの、荘厳な雰囲気があって、ぜひ1度は行ってもらいたいおすすめスポット。
 
そもそも「百段階段」自体が東京都指定有形文化財に登録されているだけあって、とても歴史を感じます。
 
雅叙園の百段階段は、ジブリ映画の千と千尋の神隠しに出てくる湯屋のモデルにもなっているそうで、展示室は豪華絢爛なお部屋ばかり。普段も見学ツアーがあるなど、観光名所としても有名です。昭和の竜宮城ともいわれています♪
 
その場所で開催される「百段雛まつり」♪今年は「近江・美濃・飛騨」をテーマにしていて、歴史ある雛人形や雛飾りが展示されます。
 
■開催期間
2018年1月19日(金)~3月11日(日)
会期中は無休
 
■時間
10:00~17:00
(最終入館は16:30)
 
■私が気になる雛人形
NHK大河ドラマ「女城主 直虎」で話題!彦根藩主【井伊家・砂千代姫】の雛人形と雛道具

 

百段階段にはどんなふうに雛人形が飾られてるの?

百段階段の雛人形、って聞くと、
100段ある階段の上にお雛様やお内裏様がずらっと並べられてるのをイメージする人もいるんじゃないかなぁって。
 
私も行く前はそうなのかなって思ってました( ;´Д`)
が、雅叙園の雛まつりは違います。
 
目黒雅叙園の百段階段って、そんなに横幅が広いところじゃなくて、2人で歩くのがめいっぱいくらいの、普通の階段なんですね。
 
なので、人が通るだけで精一杯。
 
じゃあ雛人形はどこにあるの?っていうと、10段ずつくらいのぼったところに「~の間」と名付けられたお部屋があって、そのお部屋の中に雛人形が展示されています。
 
なので、階段を少しのぼってお部屋を見学、また少しのぼってお部屋を見学、といった感じで見ていきます。歴史ある荘厳なお部屋と雛人形のコラボは圧巻です♪
 
イベントにもよりますが、大体7部屋くらいあるので、ちょっとずつ休憩しながら見られる感じ。100段登れるかなぁ…って最初はちょっとドキドキしますが、展示室をまわりながらのぼるので、そんなに大変じゃありません。
 
私は体力ないほうですが、息切れすることなくてっぺんまで行けました。
 
ちなみに、百段階段、と呼ばれていますが、
実際は99段までしかありません。
階段には番号が書かれており「頂上の間」へ行くと理由が確認できるので、ぜひご自身の目で確かめてみてください(^^)

 
 

百段階段の所要時間はどれくらい?

私が雅叙園の百段階段に行ったときは、ひとつひとつのお部屋をゆっくり見てまわって1時間30分くらいかかりました。
 
階段をのぼるだけ、と思いきや、
ひとつひとつの展示室がしっかりしていて、展示品もたくさんあるので、これくらいはかかると思います。
 
もっとじっくり見てまわるなら、それ以上かかるかも。
 
サクッとまわれば1時間くらいかな?
 
混雑していると、階段でつっかえたり、人とすれ違いながら上ったり下りたりしなければいけないので、あまりサクサク歩いて行ける感じではないので、30分などの短時間では難しいと思います。
 
っていうか、そんなサクサク見るのはもったいないので、ぜひ時間にゆとりをもって訪れてください(*´▽`*)
 
 

スポンサーリンク

百段階段は土足厳禁!靴を脱ぐのでご注意を

公式サイトなどにも書かれていますが、
百段階段の展示会場内は土足厳禁です。
 
百段階段のところへ行く前に靴を脱ぐスペースがありますので、
そちらで靴を脱いでから展示をまわることになります。
 
また、展示品保護のため、会場内の暖房も弱め…
 
「百段雛まつり」の会期中はまだまだ寒く、床もひんやりしていますが、スリッパの貸し出しがあるのでご安心ください。

 
 

目黒雅叙園の百段階段を割引料金で見学する方法

今回ご紹介している目黒雅叙園の「百段雛まつり」の入場料はこちら。
 
当日 1,500円
学生 800円
小学生以下無料
 
1,500円の価値は十分にありますが、もう少し安くお得にチケットを入手する方法をご紹介しておきますね。
 
それは、前売り券をゲットすること!(え、当たり前すぎますか?)
前売り券なら1,200円でチケットが購入できます。
 
公式サイトにはどこで前売り券が買えるのかが書いてなくて、不親切なんですよ~。前売り券のためにわざわざ雅叙園に行くのもめんどくさい。
 
というわけで、いつものおせっかいでこちらにまとめておきますね♪

【ホテル雅叙園東京 百段雛まつり 2018年前売りチケット】
 
・ローソンチケット(Lコード:38111)
・セブンチケット(セブンコード:060-363)
・イープラス
・JTBチケット(1/8で販売終了)
・雅叙園内のみ販売1000円チケット(1/18で販売終了)
 
※なお、最終日が近くなると、前売り券の販売が終了する場合があるのでご注意ください!

さらに目黒区民に朗報♪ 当日券でも住所を確認できるものの提示で300円引きになるんです!目黒区の広報誌しか掲載していない超地元情報ですよ~♪
 
他にも、ランチやディナーがセットになった見学ツアーチケットもあるので、ご興味あるかたは公式サイトからチェックしてみてください。料金的にはちょっと高いです(^^;)
 
 

百段階段の雛まつりイベントのまとめ

目黒雅叙園 ホテル雅叙園東京
3月が近くなると、各所でひな祭りのイベントって開催されると思うんですけど、昔ながらの雛人形を鑑賞できたり、荘厳な雰囲気を楽しめるのは、個人的には都内ではここが一番じゃないかなぁと思います。個人的な意見ですがw
 
雛人形ももちろんですが、千と千尋のモデルになった豪華なお部屋や階段など、建物の雰囲気もぜひ楽しんでもらいたいです♪
 
展示会場内での写真撮影は一部を除いてNGですが、今年からは撮影可能なスポットも用意されているので記念撮影もできちゃいます♪
 
ちなみに、ホテル雅叙園東京までは目黒駅や品川駅から無料送迎バスも出ているし、車の場合は専用駐車場もあるので、アクセスしやすいと思います。
 
ランチなどの食事も目黒雅叙園内でできちゃうしね♪
 
デートや東京観光はもちろん、おじいちゃんおばあちゃんと家族で見に行くのもいいですね!
見に行く方は、前売り券をゲットしてぜひお得に楽しんでください~(*´▽`*)
 
 

ホテル雅叙園東京の基本情報

名称 ホテル雅叙園東京(旧:目黒雅叙園)
住所 東京都目黒区下目黒1-8-1
最寄り駅 目黒駅(JR山手線、東急目黒線、地下鉄南北線・三田線)
駐車場 有料駐車場あり →詳しく見てみる
送迎バス 目黒駅より20分間隔であり
品川駅より1時間間隔であり
→詳しく見てみる

 
***ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)に関する他の記事もどうぞ***
 
▼ホテル雅叙園東京の百段階段は子供や赤ちゃん連れでも見学できるのか?についてのレポ
子連れで食事しやすいレストランもまとめています♪
https://meguromama.com/odekakespot/post-935.html
 
▼【体験談】目黒雅叙園で子連れランチしたよ♪平日のおいしい中華に大満足
https://meguromama.com/restaurant/post-47.html
 
▼ホテル雅叙園東京の無料送迎バスの時間やバス停場所を分かりやすくまとめたよ!
https://meguromama.com/odekakespot/post-942.html
 
▼ホテル雅叙園東京へ徒歩での行き方を画像で紹介!最寄り駅からのアクセスレポ
https://meguromama.com/odekakespot/post-973.html
 
▼ホテル雅叙園東京の駐車場より安いコインパーキング3選!割引料金や無料は?
https://meguromama.com/odekakespot/post-961.html
 

スポンサーリンク