子連れハワイでウルフギャングに行ってきた!キッズメニューや幼児の食事レポ

2018年5月14日ハワイ旅行

ウルフギャング 子連れ

1歳10ヶ月の子供との子連れハワイ旅行記。

2日目のディナーは、楽しみだったウルフギャングへ行ってきました。有名なステーキハウスで日本人に人気のレストランですが、幼児と利用するにはどうだったのか?キッズメニューなどはあるのか?など子連れ利用で気になる点を中心にブログにまとめました!

スポンサーリンク

子連れウルフギャング 子連れでも利用しやすい雰囲気

ウルフギャング 子連れ

ロイヤルハワイアンセンターの中にあるステーキハウス「ウルフギャング(Wolfgang)」。店構えは、高級レストランのような雰囲気があります。

が、入ってみると子連れ客や家族のお客さんがたくさん!
我が家のように1歳とか2歳ぐらいの幼児を連れたお客さんも多くて(そのほとんどが日本人というw)入店してみてホッとしました。

 

子連れウルフギャング 子供用のベビーチェア有り

ウルフギャング 子連れ

客層はファミリーが多いですが、店内の雰囲気はザ・高級店って感じ。机には白のテーブルクロスがひかれているし、ワインなんかも置かれています。(今日のおすすめ的な感じらしい)

でも、安心したのは子供用のベビーチェアがあったこと!
木製のやつで、1歳10ヶ月の息子もちょうどよく座って食事することができました。

 

子連れウルフギャング キッズメニューは?

ウルフギャング 子連れ

↑子供用には、小さめのお皿と、小さいスプーン&フォークをいただけます。(画像左上は持って行ったトミカ。笑)

人気観光スポットなだけに、ウルフギャングには日本語メニューも用意されています。心強いですよね~

ただ、店員さんはもちろん英語しか分からないので、英語で注文するか、メニュー表を指さしながらの注文です。

で、気になっていたキッズメニューはありませんでした。
基本的には、大人のメニューをシェアするしかないみたい。

 

子連れウルフギャング 幼児が食べられるメニュー

息子は1歳10ヶ月で幼児食の真っ最中。ステーキのようなお肉は食べられないので、ウルフギャングのメニューの中で、幼児が食べられそうなものをチョイスしました。

まずはパン↓。
ウルフギャング 子連れ

フランスパンのように耳は固めですが、中は柔らかいタイプ。ちぎって息子にあげましたが、パクパク食べていました。なお、パンはステーキを頼むとセットで付いてきます。メニューにはライスもありました。

ステーキの付け合わせ。ほうれん草のソテー(スピナッチ)、クリームコーン、マッシュポテトをチョイス。
ウルフギャング 子連れ

どれもクリーム状っぽい感じで幼児が食べやすい柔らかさ。息子は特に「クリームコーン」を気に入ってくれて、たくさん食べてくれました。ポテトも同様。
ウルフギャング 子連れ

ほうれん草は独特の臭みもあって、一口食べてダメでした。

それからグリルワイルドサーモン↓(画像右下)
ウルフギャング 子連れ

スポンサーリンク

いわゆる鮭のソテー。大人が食べてもとっても美味しい。魚が好きな息子は、これもそこそこ食べてくれたので助かりました。

 

子連れウルフギャング 子供の飲み物がちゃんとしてる!

ウルフギャング 子連れ

この日は息子用の飲み物にお水を注文したのですが、フタ付きストロー付きのコップで出てきました。

キッズメニューはないけど、飲み物はちゃんとあるんだ(; ・`д・´)ってちょっと驚き。

 

子連れウルフギャング 子供の服装のドレスコード

高級ステーキハウスのウルフギャング。日本人としては、ドレスコードとか気になりますよね。私もちょっと気になっていて、少しだけおしゃれをしていきました。

でも、ハワイには観光で行ってるから、そんなちゃんとした服なって持ってないし、主人もアロハシャツの短パンでした。

いちお、公式ホームページには下記の記載があります。

スマートカジュアル
※男性のタンクトップ、サンダルでのご利用はお控え下さい。

なので、サンダルさえ履いていかなければ大丈夫そう。むしろ、カジュアルな感じの人が多かったです。観光客が多いから当然かな?

Tシャツ短パンとか、女性のサンダル(ビーチサンダルじゃないやつ)とか、アロハシャツの人はたくさんいました。子供の服装も、特に気にしなくて大丈夫っぽかったです!

 

子連れウルフギャング 食べるべきおすすめメニュー

ウルフギャング 子連れ

ちょっとお料理のことも。
Tボーンステーキは本当に美味しいので、絶対食べたほうがいいおすすめメニュー!サーロインとフィレの部位があって、特にフィレは絶品です。

それと、もうひとつ美味しくておすすめしたいメニューが「ウルフギャングサラダ」。
ウルフギャング 子連れ

肉厚ベーコンやシーフードやトマトなどの野菜がミックスされたサラダですが、日本人の口にも合う美味しいサラダなんです。ハワイの食事で野菜不足なときは、ぜひ食べて!

 

子連れウルフギャング オムツ替えできる場所

ウルフギャングがあるロイヤルハワイアンセンターには、オムツ交換台が設置された多目的トイレがあります。

レストランとは違うフロアになるので、ちょっと面倒かもしれませんが、食事の前や食事後に立ち寄れるので、けっこう便利でした。

 

子連れウルフギャングの感想

ウルフギャング 子連れ

ハワイ旅行では絶対行きたい!と思っていたのですが、噂のTボーンステーキがとっても美味しくて、行って良かったです( *´艸`)

子連れ利用にちょっとドキドキしたんですが、同じような子連れ客が多かったし、観光客っぽい人も多かったから、そのあたりもかなり安心しました。

キッズメニューがないので、気になる人は何かベビーフードとか持ち込んだほうがいいかも。実際、日本人の赤ちゃん連れの人で、ベビーフードを持ち込みしてる人を2組くらい見かけましたから。(アメリカだから、そのあたり寛容なのかな)

お値段的にはけっこうリッチな食事になっちゃいますが、ハワイに行ったら子連れでも行けるおすすめのレストランだと思います。

店名 ウルフギャング・ステーキハウス ワイキキ店
Wolfgang’s Steakhouse Waikiki
住所 2301 Kalakaua Avenue, Honolulu, HI 96815
アクセス ロイヤル・ハワイアン・センターC館3階
トロリーのバス停有り。ワイキキのホテル群からも歩ける距離
営業時間 11:00~22:30(日~木曜、祝日)
11:00~23:30(金、土曜、祝前日)
定休日 無し

▼他にもハワイ旅行の記事を書いています!
・ハワイ旅行の記事一覧はこちら
・ハワイのレストランに関する記事一覧はこちら
・ハワイの幼児連れおすすめスポット!子供が喜ぶ遊び場5選!

スポンサーリンク