子供のお腹のぶつぶつが保湿しても治らない!息子の治療体験談

2017年12月2日子供の病気

1歳の息子のお腹に突然できた謎のぶつぶつ。
ザラザラしていたので、もしかしてただの乾燥?と思ったんですが、保湿しても治らないんですよね…

しかも、どんどんぶつぶつは増えてくし、だんだん息子も痒みを感じるようになってひっかいてしまうし…悩んだ挙句、病院へ。

ここでは、うちの子供の湿疹の具体的な症状と病院の診断結果、治療方法や回復経過などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子供のお腹にできたぶつぶつ。いったい何が原因?

うちの息子が1歳8ヵ月のときの話なんですけど、
突然、お腹にぶつぶつができたんです。

ぶつぶつに気付いたのは、お風呂で子供の体を洗っているとき。

ぶつぶつと言っても、ニキビのようなぷくっとした出来物ではなく、
触るとカサカサというか、ザラザラした感じの部分があったり、
目に見えないほどの小さなぶつぶつがお腹にいくつかできている、といった感じでした。

↓子供のお腹にできたぶつぶつ。写真だと見にくいかも…
子供 お腹 湿疹

ひどい湿疹には見えませんでしたが、
あきらかに子供の肌がブツブツしていました。

 
何かのアレルギー!?
1歳過ぎて乳児湿疹とか!?
発熱はないけど突発性湿疹?
まさか幼児に流行りの手足口病!?

 
いやいや、落ち着け自分。
っていうか、お腹だし手足口病なわけない。

子供のぶつぶつに気付いたのはちょうど寒くなってきた11月。
季節的に乾燥もひどくなってきたし、乾燥でちょっと湿疹がでちゃっただけかも。

と、その時は思い、とりあえず自宅にあったワセリンを塗ることにしました。

 

子供のお腹の湿疹は乾燥のせい?保湿したけど治らない

湿疹に気付いたその日はお風呂上りにワセリンを塗って、
翌日は朝とお風呂上りの2回、ワセリンを塗りました。

お腹のガサガサとしていた部分は、少し落ち着いたようにも見えたんですが、ぶつぶつが減らなくて…

それどころか、ぶつぶつは少しずつ増えているように感じました。

最初はお腹だけだったぶつぶつが、
気付くと背中や脇のあたりにもあったんです。

もしかしたら乾燥のせいじゃないかもしれない。
もし何かのアレルギーなら、早めに対処しないといけないのでは?

そう思い、翌日小児科を受診することにしました。

 

病院を受診して分かった子供の湿疹の原因

翌日、病院で子供のお腹と背中の湿疹を診てもらいました。

子供が痒がっている様子はあるか?と聞かれたのですが、
お腹をかいているところは見たことがなかったので、
かゆくないと思います、と答えました。

そして、乾燥が原因の「小児乾燥性湿疹」という診断を受けました。

でも、ワセリンで保湿してたんですけど?
と先生に相談したところ、
すでに皮膚が炎症を起こしてしまっていると、保湿だけじゃ治らないんだそうです。

湿疹部分は、一度しっかり治してあげないといけないそうで、
弱いステロイドに保湿剤を混ぜた混合薬を処方してもらいました。

▼処方してもらったお薬
子供 お腹 湿疹
「アルメタ軟膏」と「ヒルドイドソフト軟膏」の混合薬

スポンサーリンク

アルメタ軟膏は皮膚疾患用のステロイド剤で、
ヒルドイドソフト軟膏は血行促進剤(いわゆる保湿剤)です。
1日1~2回の処方でした。

このときの私は、乾燥性湿疹をなめていて、
乾燥したくらいでステロイドを塗るのはちょっとやだな~って思ってたんですね。

別に病院の先生を疑っているわけではなかったんですが、
ステロイドって副作用があるっていうし、強い薬とも聞くので、
できれば塗りたくないな、なんて思っていました。

 

小児乾燥性湿疹って何?

病院から帰ってきて、私はあらためて「小児乾燥性湿疹」について調べました。

ネットって便利ですよね~

で、ざっくりいうと小児乾燥性湿疹とは、
子供の皮膚の病気で、乾燥肌が悪化した状態らしいです。
(ざっくりですよ、ざっくり)

その症状としては、

・小さなぶつぶつとした湿疹
・ザラザラとした鳥肌のような感じ
・だんだんと痒みがでてくる

と、まさにうちの子にぴったりの症状でした。
(病院を受診してから、ちょっとかゆがるようになってきたんですよね…)

しかも、悪化すると皮膚が剥けたようなひどい湿疹になったり、痒みが増して子供がひっかいて血が出るという悪循環になると知りました。

 
…まじか( ;´Д`)

 
そして、乾燥性湿疹は結局ステロイドで治すしかなく、
湿疹が悪化すれば、より強いステロイドで治すことになるようです。

つまり、今の初期症状の段階で、
ちゃんと治しておいたほうが、結果的にいいってことみたいですね…
なるほど。

余計なことは考えず、
まずは処方してもらったお薬できちんと治していこうと思いました。

他にもこんな種類の湿疹が子供にはあるらしい…
今後湿疹がでたときの参考にメモしておきます。

◆かゆみが強い場合は、汗疹(あせも)やアトピー性皮膚炎の可能性も。
汗疹は、お腹というよりは首回りや背中など汗をかきやすいところに出ることが多いそうです。アトピー性皮膚炎も、汗疹と似たような部位に症状が出ることが多く、皮膚がこすれたりする関節部分(首やひざの裏など)が多いそうです。

【うちの息子の場合】
最初に湿疹ができたのがお腹だったし、そもそもあまりかゆがりませんでした。

◆赤みが強い湿疹の場合は、かぶれている可能性も。
特に、雑菌の影響を受けやすいおむつかぶれがひどくなるらしいです。

【うちの息子の場合】
お腹だったし、着ている洋服もいつものものだったので、かぶれではないかな~と。

◆乳児湿疹の可能性は?
赤ちゃんの湿疹と言えば「乳児湿疹」。赤い湿疹や黄色く脂っぽい湿疹が特徴だそうです。ジュクジュクした感じになることも。ただ、生後3ヵ月くらいまでになるのが一般的。

【うちの息子の場合】
うちの息子、当時1歳8ヵ月でした( ;´Д`)

 

ステロイド薬をやめたら子供の湿疹が再発

最初、子供のぶつぶつを見つけた時は、
何かのアレルギー?熱はないけど突発性発疹?1歳なのに乳児湿疹?
と色々考えちゃったけど、

結局乾燥が原因で、
ちゃんと薬を塗って、保湿をしていけば治るようなので
とりあえず一安心した私。

…しかし、その安心も束の間。

いただいたステロイド薬で湿疹を治療してたんですけど、
ステロイドは強いお薬なのであまり続けて使用できないんですね。
そして、なぜか薬を塗るのをやめるとぶつぶつが再発しちゃうという事態発生!

そして、お腹から背中だけじゃなく、お尻、肩、そして手足にまで湿疹が広がっちゃいました!!

なぜー!!( ;´Д`)

仕方なく病院を再受診したんですが、
ちょっと長くなっちゃったので、その時の話は別の記事に書きますね~

スポンサーリンク